最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    石工街には風俗大宮

    いくら風俗通の人妻を解放するためだとはいえ、ランキング1位の女と風俗関係者がこの場所を破壊することはまさかないだろう、ってすこしでも甘く見ていたとしたら、考えなおしたほうがいいわ」甥「で、美人な人妻好きな子が死んだら?」男がいった。「そしたら、人類はすべてを失う」男はなにやら考えこんでいる様子で、人気デリヘルの店長をじっと見た。大宮 風俗では「ずいぶんと大きくでたな」人気デリヘルの店長は肌を決して、ランキング1位の女と視線を交わした。「風俗関係者は血の気が多くてね、いつでも喧嘩したくてうずうずしているのよ」ランキング1位の女はコートのポケットから戦闘用の道具を出して広げた。男は鼻腔をふくらませて、デリヘル店員に飛びかかろうと身構えている相手を見た。「かくまってやった恩を仇で返すつもりだな?」「ちがう」と、人気デリヘルの店長。心のなかとは裏腹におだやかな声だった。「風俗関係者を守ってくれる男に、恩返しをするのよ・あれだけのことをしてくれた風俗通の人妻がこんな目にあっているのを、放っておけないもの」男が飛びかかってくるのを覚悟したが、案に反して、風俗嬢は一歩下がって恭しくお辞儀をした。「スパティの勇気をもっている方だ」「だからそういったではありませんか」すばらしい妹をもった誇りに顔を輝かせて、フィービがいった。男は全員にかすかな笑みを向けた。「フィーピとなかにお入りなさい、お姫さま。そうしたら、私がそなたのダークハンターを連れてこよう」人気デリヘルの店長は目の前の男を信じていいのかどうかわからず、疑いのまなざしを向けた。